STAFF BLOG

2016.06.04更新

こんにちわ、看護師の斉藤です。

 

最近は診察が終わってもまだ明るくて季節の移り変わりを感じます。

で、、それにともなって、、暑くなりましたね。

私暑さに弱いんです。いやほんと。

20℃前後だと生き生きしてるんですけどね( ゚∀゚ )笑

 

そんな季節、気をつけたいのが熱中症!!

もう絶対絶対気をつけて頂きたいです。

だって他の病気と違って少しの注意で避けられることですし、命にも係わりますから。

 

医学書によると「熱中症とは、高温多湿環境下における高体温および脱水によって生じる全身性の疾患である」とあります。

 

言わずもがなですが、車の中はほんの少しの時間でも危険ですね。

もちろん室内でのお留守番や日中のお散歩なども注意しましょう。

特に短頭種(パグ、シーズーなど)は人一倍 犬一倍注意が必要です。

 

症状としては、粘膜のうっ血および充血、頻脈、パンティングなどです。

ひどくなると、運動失調、流涎、意識消失、発作などがみられることもあります。

 

もしも思い当たる節があって高体温でこのような症状がみられたら、とにかく冷やしてあげましょう。

冷やし方は常温の水道水で体を濡らして扇風機などで送風、気化熱を利用します。

冷水やアイスパックなどではなく、常温の水道水です。

急速に冷やしてしまうと、体表の抹消血管が収縮して体内に熱がこもってしまうことがあります。

そして速やかに、でも落ち着いてご来院ください。

 

熱中症は怖いですが、少しの注意と知識があれば大丈夫。

これからの季節も楽しく過ごしましょうdognote2

 

投稿者: 保坂動物病院

HOME
side_bn02.png
side_bn03.png