予防接種

予防の重要性

イヌやネコを始めとする多くの動物は、人間よりも体が弱く、病気も速く進行していってしまいます。一方で、言葉を話せないため、症状を適切に説明したり苦しみを訴えたりすることもできません。ですから、いつでも客観的な検査結果を元に正しい処置ができるよう、飼い主様の責任として予防や定期検診を欠かさないようにしてあげて頂ければと思っております。

ワクチン摂取

狂犬病ワクチン

日本では、毎年、狂犬病ワクチンを摂取することが義務付けられています(生後3ヶ月以上のイヌ)。日本国内では50年以上、狂犬病は確認されていませんが、周辺国では増加しているため、日本でもしっかりと予防を続けていくことが重要です。

混合ワクチン

伝染病には様々な種類があり、きちんと抵抗力を付けていくために、生後6週間くらいで混合ワクチンを始め、その後、3〜4週間ごとに合計4回程度接種します。なお、翌年からは年に1回で構いませんので、きちんと追加接種を続けていくようにしましょう。

予防接種

フィラリア予防

犬糸状虫と呼ばれる寄生虫が、蚊を媒介してイヌの心臓に寄生するようになります。蚊が発生する期間(静岡県の場合は5月〜12月)は、毎年予防を続けるようにしましょう。

定期駆除(お腹の虫下し)

イヌのお腹の中には、寄生虫やその卵があることが珍しくありません。生後3ヶ月までは隔週、その後は月に1回、そして生後半年後からは3ヶ月ごとで構いませんので、しっかりとお腹の中の寄生虫を駆除するようにしましょう。

ノミとダニの予防

ノミやダニに皮膚を刺されると、強いかゆみが発生して、舐めたり掻いたりすることで皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。そこからまた別の細菌が感染してしまうこともありますので、ノミ・ダニをきちんと予防して、快適に生活できるようにしてあげましょう。

その他

動物のしつけ、歯のケア、食事の選び方、その他健康に関するご相談がございましたら、何でもお気軽にご相談ください。動物の種類によって適切な予防方法は変わりますので、まずは正しい知識を身に付けて頂ければと思います。

よくある質問

Q

蚊がいない時期は、フィラリアの心配はしなくていいの?

A

いいえ、蚊がいなくなってから1か月後までが予防期間となります。

Q

犬も歯周病になるのですか?

A

はい、イヌも歯茎に炎症が起きる歯周病になります。さらに、人間の場合よりも進行が速いため、早期治療をしてあげることが重要です。

Q

犬の肥満の基準を教えてください。

A

一般的には、適正体重の15%を超えると肥満であるとみなされます。犬種によって適正体重は異なりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

Q

動物病院の薬とペットショップの薬は同じですか?

A

いいえ、動物病院では獣医師の監督の元でしか処方できないお薬をお出ししています。当院では、安全で、かつ効き目が高いお薬を処方しています。

Q

動物にも定期検診は必要なのですか?

A

はい、動物は喋ることができないため、ある意味で人間よりも定期検診は重要であると言えます。早期発見・早期治療で苦痛を与えないようにしましょう。

HOME
side_bn02.png
side_bn03.png